ゴルフ会員権は住地ゴルフ

フリーダイヤル
0120-77-1872

東京
03-3280-1872

大阪
06-6244-0072

名古屋
052-961-0072

お知らせ

マスターズ観戦が100倍面白くなる!オンラインセミナーを開催!

NEWS
2022.04.07
CATEGORY

ゴルフ場
アップデート

住地倶楽部イベントレポート

いよいよ本日深夜(日本時間)より始まるマスターズ・トーナメント。大会直前となる昨夜、マスターズをより楽しく面白く観戦できるようにと、住地倶楽部のイベント第3弾を開催しました。

その名も「設計家と語るマスターズ」!

マスターズが開催されるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブは、毎年世界のトップゴルファーたちが集まる夢の場所ですが、魔物が住んでいるとも言われているように、いろいろなプレーやドラマが繰り広げられます。

また、どんな芝を使っているのか?大改修の際の費用はいくらかかったのか?など、噂はさまざまありますが公式からの情報は出ておらず、謎に包まれたコースでもあります。

そんなオーガスタについて、米国でゴルフコースの設計を学んだ唯一の日本人 東祐二氏と、15歳でオーストラリアへゴルフ留学し、その後ティーチングプロ、ゴルフレッスンサービスの経営などゴルフに関して幅広く活動されてきた大矢隆司氏に、コース設計家から見たマスターズの注目ホールやトリビアなどをたっぷりとお伝えいただきました。

マスターズがなぜこれほどゴルフファンを魅了するのか?

一つには、後半にバーディーやイーグルが出やすいホールが設計されていることが挙げられます。つまり、最終組がアーメンコーナー*(11~13ホール)を回っている際に、前組がバーディーを取りスコアがちぢまるため、トップ選手にはかなりプレッシャーのかかるゲーム展開になり、視聴者としては最後までドキドキハラハラしながら見守ることになるのです。

そしてグリーンの速さは言うまでもありませんが、勾配があってボールが止まらないことで、視聴者の目はくぎ付けになってしまいます。2005年、タイガー・ウッズ選手が16番ホールで見せたスーパーショットを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

また、11番、15番ホールは今年改修され、距離が長くなっているので、昨年までとはまた違ったプレー展開が見られるかもしれません。

良いボール運びができればバーディーを取るのも難しくない、それでいてダブルボギーをたたく可能性もあるという、誰もが楽しめるコース設計がちりばめられているのが、オーガスタの素晴らしさです。

昨年、アジア勢初の優勝を成し遂げた松山英樹選手は連覇なるのか?!復帰したタイガー・ウッズ選手は果たしてどんなプレーを見せてくれるのか?!
今年のマスターズは楽しみがたくさんありますが、ぜひ上記のようなポイントにも注目して見ていただけると嬉しいです!

これからも住地倶楽部では、ゴルフライフやライフスタイルにお役立ていただけるイベントを随時開催してまいります!ぜひご期待ください。

今回は熱く語ってしまい長文となりました…。
ぜひ、マスターズ観戦、みんなで楽しみましょう✨!

住地倶楽部とは→https://juchi.jp/info/details_news.html?did=7509

また、住地倶楽部に関するお問い合わせはこちらよりお気軽にお問い合わせください。